【無料コピーライティング講座】(第2回)

【無料コピーライティング講座】(第2回)

【無料コピーライティング講座】(第2回)文章は難しくない!


前回に引き続き、コピーライティング講座第2回です。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

あなたは、学生の頃、
文章を書くことは得意でしたか?


私は、小学生のころから読書は好きでしたが、
読書感想文を含めて、作文は大の苦手でした。

 

作家の子供の時の話で、『文章を書くことが好きで、
自作の小説を友だちに読ませていた』と
どこかで読んだ記憶がありますが、
私にはとても考えられないことです。(事実です)

 

 

でも、コピーライティングのスキルは
文章を書かなければ身につきません。
文章は、『書くほど上達する』ものです。

 

ブログ、メルマガでは、読者を集め、ファンを増やすためには、
ひとつの記事で1000文字を基準に書くことが勧められています。
(最近は1500文字という意見もあります)

 

普通の原稿用紙1枚は400字ですから、
1000文字では原稿用紙2枚半という計算になります。

 

しかし、『書く』習慣を持っていなければ、
『書く』ことそのものが苦痛です。

 

 

しかも、間違った方法で書いていたのでは、
読者はあなたの文章にうんざりし、
それ以降の文章をよむことはないでしょう。

 

メルマガなら配信解除されるかもしれません。

 

 

『文章を書くこと』は重要ですが、自己流で文章を書いていても、
必要なスキルを身につける上では回り道になってしまいます。

 

まず、正しいコピーライティングの考え方、
方法を頭に『インプット』してから、
文章を書くという『アウトプット』につないでいけば、

 

あなたも、正しい『コピーライティング』のスキルを
速くスムーズに身につけることができます。

【無料コピーライティング講座】(第2回)関連ページ

作文嫌いでもライティングはできます!
中学校卒業まで、大の作文嫌いだった私が、ライティングを学び、ブログを運営するようになったわけと、ライティングへの思い込みを払拭します。
ライティング
文章が苦手でブログが書けないという人の中には、「不特定多数の人に読ませる文章を書く自信がない」と聞くことがあります。 ブログ、メルマガの文章は、不特定多数ではなく、具体的な人に対する手紙のつもりで書くものです。
カウンセリングライティング特典の『体験スカイプカウンセリング』を受けたわけ
前回の記事に書いた、『カウンセリングライティング』の特典のスカイプカウンセリングを受けた理由と、成果
コピーライティング講座【第1回】
ネットビジネスのコピーライティングの基礎(全10回 第1回)

ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール ホーム 目次 情報商材レビュー 相互リンク集