あなたは誰に文章を書いていますか? ライティングの基本2

あなたは誰に文章を書いていますか? ライティングの基本2

あなたは誰に対して文章を書いていますか?

ブログやメルマガができないという理由のなかで、
「不特定多数の人に読ませる文章がかけない」
というのも文章嫌いに続いて多いものの一つです。

 

 

でも逆に、「不特定多数の人を読者と想定した文章」は、
読まれません。

 

 

なぜかというと、書籍と違って、
ブログやメルマガの文章は共感できる文章でなければ、
読まずに【?】ボタンをポチッと押されてしまうからです。

 

 

共感できる文章というのは、その文章を読むと【情景】や
【感情】など、具体的なものを読者に感じてもらうことです。

 

「その程度のこと、とっくに知っている!」と思われるかもしれません。
でも、【その程度】のことが求められているのです。

 

 

多くの読まれていないブログは、【誰が読むか】
あるいは、【誰に読んで欲しいか】を考えて書かれていません。

 

 

だからこそ、超具体的に1人の読者を想定して、
その人に手紙を書くつもりでブログの記事、
メルマガを書く必要があるのです。

 

 

この記事を私は、
【ブログは作った】けれど、
 【コメントがつかない】
 【相談メールがない】というような、

 

【少し前の自分】に向かって書いています。

 

そのダメブログの記事はこちらから↓
http://ameblo.jp/tenten-ab/

 

プロフィールは、日付は古いですが、最近修正したものです。

 

 

特定の人といっても、
あまりにも内輪な話では読んでもらえませんが、

 

具体的な読者を決めて、その1人に向かって、
手紙を書くつもりで記事を書いていく‥。

 

 

すると不思議な事に、
記事を書くときには想定していなかった人でも
共感してくれる時がきます。
(ここの部分については、私も経験がなく、
受け売りなので、確固たる自信はありません。)

 

 

共感してもらえる記事を増やすことで、
ブログのファンが増え、アドレスを登録してもらって
メルマガ発行へ‥。

 

 

私が今目指しているところですが、
それは、特別な才能がなくても十分可能です。

 

 

 

疑問、感想など、ぜひ下のフォームから投稿ください。

 

お問い合わせに対しては、原則として24時間に返信させていただきます。
問い合わせフォーム

あなたは誰に文章を書いていますか? ライティングの基本2関連ページ

作文嫌いでもライティングはできます!
中学校卒業まで、大の作文嫌いだった私が、ライティングを学び、ブログを運営するようになったわけと、ライティングへの思い込みを払拭します。
カウンセリングライティング特典の『体験スカイプカウンセリング』を受けたわけ
前回の記事に書いた、『カウンセリングライティング』の特典のスカイプカウンセリングを受けた理由と、成果
コピーライティング講座【第1回】
ネットビジネスのコピーライティングの基礎(全10回 第1回)
【無料コピーライティング講座】(第2回)
コピーライティングの基礎(全10回 第2回)

ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール ホーム 目次 情報商材レビュー 相互リンク集