作文嫌い、ライティング

作文嫌いでもライティングはできます!

作文嫌いでも、ライティングはできます!


プロフィールの中で、趣味は読書、
でも、中学校卒業まで作文が大嫌いだったことを書きました。
(高校以降好きになったのではなく、作文をしなくてすむようになっただけです)

 

 

でも、現在ライティングの修行をしながらブログの運営をしています。
その前には、通信制の大学でレポートを提出して試験を受けていました。
その差は何でしょうか?

 

私も、問われるまでその矛盾に気が付きませんでした。
問われた後の沈黙‥。

 

自分にとって想定外の質問で、
思わず「作文と、大学のレポートやブログの記事は同じでしょうか?」と問い返しました。
「文章を書くという点では同じでしょう。」と返され、また沈黙‥。

 

そのやりとりはskypeだったので、何度でも聴くことができるのですが、
この音声、自分でも苦笑しています。他人が聞くとさらに笑えると思います。
(そのうち紹介する商材の特典につける予定です。
もし、この時点で欲しい方は問い合わせフォームから相談ください。)

 

 

そこで気がついたこと。
それは、学校の作文は【なんでもいいから自分の考えを書きましょう】、
読書感想文であれば【本を読んで、感想を書きましょう】

 

【自由に文章を書く】というのは、文章を書く習慣をもっていない人にとっては、
【何を書いていいのかわからない】というのが最大の難点です。

 

大学のレポートや、職場の書類というのは、
書くべきテーマが決まっていて、形式もある程度制限があります。

 

残るは、書く内容ですが、
レポートであれば参考になる書籍や(現在であれば)インターネット上の情報、
仕事であれば状況によって違うと思いますが、
それまでの経緯や調整先の状況、今後の方向性などを集め、
自分のフィルタで再構成して、求められる文章にしていくものです。

 

 

ブログやメルマガも同じです。
書くテーマを定め、そのテーマに沿った内容を探し、さらに自分の体験で使えるものがあれば、
それらを組み直すことで立派な一つの記事になります。

 

 

skypeの時には、「【作文】と大学のレポート、職場の文書作成、ブログの記事は違います!」
と主張していましたが、だんだんとその自信(?)が崩れていくのを感じました。

 

 

作文と聞くと憂鬱(ゆううつ)になり、提出期限直前に適当に書きなぐって出していましたが、
書くための具体的なテーマが決まらず、材料を探していなかっただけなのかもしれません。

 

ライティングが苦手という方は多いです。
でも、動画や音声も使えるようになったとしても、文章はインターネットにおいて大きな役割りを
もっています。

 

何も、作家になろうというのではありません。
普通に手紙やメールが書け、もしそれが苦手でも会話はできるでしょう?

 

一度、ライティングに取り組んではいかがでしょうか?

 

お問い合わせに対しては、原則として24時間に返信させていただきます。
(メルマガ希望のかたは、その旨を記入ください)
問い合わせフォーム


ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール